ダイエットするとバストが小さくなるの?

ダイエットするとバストが小さくなるの?

素朴な疑問ですが・・・。

これは本当です。

ダイエットするとバストが小さくなります。

バストは90%が脂肪組織なので、ダイエットすると脂肪が減れば、バストのサイズは必然的に小さくなります。

バストを残してダイエットする方法

キーワード「食事で必要な栄養素をとる」「胸の筋肉を鍛える」

必要な事は、この2つです。

①食事で必要な栄養素をとる

バストを支えるクーパー靭帯や筋肉は、たんぱく質で構成されているので、たんぱく質を多く摂取する事が大切です。

特に良質なたんぱく質である大豆製品は多く摂取すべきです。

大豆製品には、イソフラボンが多く含まれており、乳腺を発達させる役割もあるので、 毎日、大豆製品を食べましましょう。

バストの構成組織である「たんぱく質」と「女性ホルモン」を活性化させる以下の栄養素を食事から摂取するようにしましょう。

イソフラボン・・・ 豆腐・豆乳・納豆など

タンパク質・・・鶏ささみ・鶏モモ・マグロ・カツオ・ヨーグルトなど

ビタミンE・・・ アボカド・かぼちゃ・アーモンドなど

ボロン・・・ キャベツ・りんご・レーズン・ハチミツなど

ただし、栄養がかたよるのは、健康上も、バストの為にも、良くありません。

野菜などの食物繊維や、ビタミンCなどが不足すると、皮膚のコンディションに悪いので、食事のバランスも大切です。

②胸の筋肉を鍛える

激しい動きは、クーパー靭帯を痛める可能性もあるので、バストへのダメージが無く、胸の筋肉を鍛える方法としては、「腕立て伏せ」がベストです。

「腕立て伏せ」は10回を1セットとして、1日4セットを目安に行って下さい。

苦手な人は、5回を1セットから始めてもかまいません。

初めのうちは膝をついて補助しながら行っても良いでしょう。

\2022年1月 先着3000名プレゼント実施中/
PGブラを最安値で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。