「冷え性」は「育乳」に悪いの?

寒い冬は、ほとんどの女性が「冷え性」に悩まされていると思います。

そんな「冷え性」ですが、実は「育乳」にも影響しているのです。

「育乳」には、酸素・栄養が欠かせません。それらを運んでくるのが血液です。

冷え性の場合は、体温が低くなり、血行不良になります。

血行不良だと、栄養と酸素が十分にバストに届かず、「育乳」ができなくなるのです。

また、「冷え性」で体温が低いと、ホルモンを分泌する子宮も冷えて、ホルモンが十分に分泌されず、「育乳」に必要なホルモンが足りなくなります。

このように、「冷え性」と「育乳」は深く関わっているのです。

 

「冷え性」を改善する方法

1.体を冷やさない

外出時は、首にマフラーなどを巻いたり、厚手の服を着るようにしましょう。

また、冷たい食べ物や、飲み物は、体を冷やすので避けるべきです。

2.お風呂にゆっくりとつかる

シャワーではなく、湯船にゆっくりとつかり、体全体を温めます。

温めることで血行が良くなり、筋肉のコリもほぐされます。

3.適度な運動を行う

運動する事で、体が温まり、血行が良くなります。

ウォーキングや、ストレッチでも良いので、適度に運動しましょう。

4.ナイトブラを使用する

締め付けがイヤなので、ブラジャーを外して寝る方も多いとは思いますが、夜はナイトブラを着用すべきです。

ナイトブラを着用すれば、バスト周りを冷やさず、睡眠を取ることができます。

ナイトブラには「血行改善」と「育乳」の2つの効果があります。

睡眠中にバストが圧迫されてしまうと血行不良になりますが、正しいサイズのナイトブラを着用すれば、バストの圧迫を防ぎ、血行促進にも、つながります。

5.十分に睡眠をとる

睡眠を十分に取ると、体が温まり、血行が良くなります。

また、22時〜2時の時間帯は、成長ホルモンと女性ホルモンの分泌が活発なる「育乳」のゴールデンタイムなので、22時には熟睡ができるよう、少し早いですが、21時にはベッドに入りましょう。

\2022年1月 先着3000名プレゼント実施中/
PGブラを最安値で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。